カードローンの在籍確認って?

MENU

カードローンの在籍確認って?

カードローンの審査項目の中に、在籍確認というものがあります。

 

これは、申し込み時に書いてある勤め先に対して電話連絡をして、本当にその人が勤めているかどうかを確認する審査です。借金をしたい人の中には、仕事を辞めてしまってお金に困っている人も当然いるでしょう。

 

そんな人が申し込み時に、直前まで勤めていた会社の名前や連絡先などを、さも現在もまだ勤めているように嘘の申告をするというケースもあるのです。

 

実際に職場に電話してみると、そのような社員はいないとか、退職したといった答えが返ってくることになります。これで金融会社のほうはリスクを軽減することが出来るわけです。

 

ただ、最近ではそうした在籍確認ですら個人情報であるとして、会社側が答えてくれなくなっているところもあります。当然、在籍確認の電話はカードローン会社の名前ではかけませんので、個人名でかけたり、わからない会社名を使ったりするのが一般的です。

 

でも今までその会社と取り引きのある会社ではないわけですし、誰だかわからない個人に対して「お答え出来ません」という返答がなされるケースもあるわけです。これでは困ったことになりますので、最近では違った在籍確認方法を取る金融会社も少しづつ出てきています。

 

中には在籍確認なしという会社もありますが、そうした場合は概ね指定する銀行の口座を持っている事などが条件になっていたりします。銀行口座を融資や返済の口座にあてることで、審査さえ通ればそのまま銀行のカードで借りられるというサービスですので、便利ですね。

 

すでに持っている口座を使う場合と、申し込みと同時に口座を作る場合があります。