審査に通りやすい、通りにくいとは?

MENU

審査に通りやすい、通りにくいとは?

よく、カードローンの審査に通りやすい人ってどのような人?と聞かれますが、通りやすい人=返済能力があり、多重債務者でない人ということになります。

 

カードローンを利用する金融会社は、主に銀行か消費者金融となるでしょう。

 

消費者金融よりも銀行の方が金利が低く、好条件ですが、
それでは、審査に通りやすい、通りにくいとはどのようなことなのでしょうか。

 

職業・勤続年数

金融会社は、返済能力があるかどうか職業、年収、勤続年数といった項目をみます。
特に収入はその人の返済能力をみることができる重要なものです。

 

安定した収入がある人がカードローンが利用できる最低条件となっており、その人の収入だけでなく、職業や勤続年数も重要となってきます。リストラされることもなく、給料が比較的に安定している公務員は通りやすくなりますし、勤続年数が多ければ多いほど金融会社からの信用度が上がります。

 

カードローンは、あくまでお金を貸す行為となるので、しっかり返済してもらわなければ金融会社も困ってしまいます。

 

借入れ件数

カードローンに通りにくい人というのは、他の金融会社から借り入れを行っていたり、過去に何かしらトラブルを起こした人です。カードローン審査には、個人情報の他に「信用情報」が重要となります。

 

信用情報には、あなたの過去の履歴が載ってあり、今現在の借入れ状況も記載されています。
そこで問題があると判断された場合は、審査に落とされることになります。

 

1度審査に落ちてしまうとすぐに通ることはできません。
最低2年〜3年空けて再び申し込まなければ審査に通ることは難しいでしょう。