カードローンの審査ではここが重視される

MENU

カードローンの審査ではここが重視される

最近では消費者金融よりも銀行のカードローンを選ぶ方が多くなっています。

 

これには理由があり、安全性と低利率というところから銀行が選ばれる可能性が高いからなのです。カードローン初心者は必ず1番に銀行のカードローンに申し込み、審査に通らなければ次は、消費者金融にいくという流れとなっています。

 

銀行は身近な存在ですし、何より安全性が非常に高いのです。

 

延滞してはいけないのですが、返済することができない場合にも借金取りがやってくるという心配はありません。カードローンの審査にも多少の違いがあります。

 

返済能力の有無

審査で必ず見られるのが、返済能力があるかどうかという事です。
それは、申し込み時に提示する「収入証明書」によって判断されます。

 

当人が毎月返済していくことができる収入を定期的に得ているのか、銀行や消費者金融は確認するのです。銀行は、利率が低い分リスクを負っています。

 

利子分が十分に獲得できないので、貸したお金は必ず返済してもらわなければならないのです。よって、融資額に見合った収入額の基準が消費者金融よりも高くなっている所もあるようです。

 

多重債務者でないかどうか

返済能力の有無と同じく、重要視されるのが、他のローンも利用していないかどうかというチェックです。信用情報という金融会社独自のネットワークから得られる情報を照会することになります。

 

多重債務者を増やさないためにもこの信用情報は審査に欠かせません。
他の複数の金融会社から借りている人は、まず審査に通過することはできないでしょう。