カードローンの金利について

MENU

カードローンの金利について

カードローンを申し込むなら金利の低いものを選ぶというのは常識かもしれませんが、いざ並べてみると、金利にも幅があるような表記になっていることが一般的だと思います。

 

5%から18%というような、かなり大きな幅が設けられているところもあると思いますが、この場合は低いほうの金利が適用されることはまずないと思って検討する必要があります。

 

借り入れの金額が非常に高額な場合には、低い金利が適用される場合もあるでしょう。

 

でも、最初からそんなにまとまった額が融資されることはありませんし、低い金利が適用されることもありません。自分が審査に通っても、どの金利が適用されるかは結果が出てみないとわかりませんが、一番高いパーセンテージを基準に考えておくことが賢明です。

 

また、一般的に銀行のカードローンが金利としては低く設定されています。

 

一般の消費者金融会社は、最終的には銀行からお金を引き出して個人へ融資しているわけですから、どうしても大元である銀行よりも高く設定せざるを得ないのは当然ですね。

 

その代わりにいろいろなサービスを用意したり、無利息の期間を設けるなどさまざまなプランを持っているのが特徴です。

 

非常に少額を短期間で完済するような使い方であれば、あまり金利で大きな差額が出るわけではありませんが、月々に定額を返済するリボ払いを利用したり、100万円単位の借り入れをして長期に渡って返済する計画なのであれば金利はかなり影響しますので、最初にしっかり計算しておくことが必要です。