カードローンの複数申し込みはNG?

MENU

カードローンの複数申し込みはNG?

カードローンの審査で一番落ちやすいのは、
何社もカードローンなどからお金を借り入れている人です。

 

過去から現在までに複数の会社から借り入れがあるようであれば、例えきちんと期日内に完済していて、金融事故もなかったとしても、審査で引っかかる場合があります。

 

これは、ひとえに過剰債務へのリスクの高さを敬遠されるからです。

 

カードローンなどの借金で失敗する例は、いろいろな金融会社からお金を借りているうちに債務過剰になり、お金が返せなくなる事故が一番多いのです。

 

当然借りたお金には利息がつきますので、完済する前にまた他から借りるようなことを繰り返していると、いつの間にか雪だるま式に返済が重くなり、月の生活費を圧迫するようになってきます。

 

総量規制という国の法律では、年収の3分の1を超える借り入れは出来ないことになっていますが、銀行カードローンはこの対象には含まれません。でも結局は、月の収入で見ても3分の1を超えるような返済を毎月続けているような場合、いずれは債務超過になって破綻するケースが多いのです。

 

これは、借金を完済する前にまた借り入れをするという悪循環に気づかずに陥ってしまっている人があまりに多いことに由来します。そのうち、一方の金融会社にお金を返すために他社から借りるような状況になります。

 

きちんと会社などに勤めていて、決まった収入のある人のほうが陥りやすいという盲点でもあります。こうした過去の実例から、金融会社各社は複数の会社から借り入れがあるような人は、審査で落とす傾向があるのです。