銀行カードローンと消費者金融の違い

MENU

銀行カードローンと消費者金融の違い

金融会社はたくさん存在しています。カードローンは金融会社に申し込みをして、審査に通れば利用可能となりますが、たくさんある金融会社の中からどれかひとつに絞らなくてはなりません。

 

主に、金融会社は「銀行」と「消費者金融」に分かれます。
この2つの金融会社には大きな違いがいくつかあります。

 

一つ目は、「利率」です。

 

金融会社を選ぶポイントとして、利率に注目している人は多いのではないのでしょうか。
利率とは、お金を借りる時につく利子のことです。

 

基本、年利18.0%となっていますが、銀行は消費者金融よりも利率が低くなっています。利率が低ければ低いほど借入額にかかる利子を減らすことが出来、借入額に近い金額が返済できます。

 

よって、消費者金融よりも銀行のカードローンを使いたがる人が多いのです。

 

二つ目は、「総量規制」です。

 

総量規制は法律で決められたものであり、自分の収入額3分の1以上の額を借りてはいけないという決まりとなっています。しかし、銀行の場合は総量規制外として認められ、収入3分の1以上の金額を借りることができます。

 

消費者金融は総量規制の対象となっているので、3分の1以上は借りることができません。
融資額は銀行の方が大きく、消費者金融は小さくなってしまうのです。

 

三つ目は、「収入がない人の借入れ」です。

 

基本、カードローンやキャッシングといった融資は、収入がある人でなければ利用できませんが、専業主婦の場合、配偶者の収入証明書があれば利用することができるようになっています。

 

収入がない人の借入が認められているのは銀行が多く、消費者金融では借りることができません。
金融会社でも銀行と消費者金融において、このような違いがあるのです。