借りやすいカードローン・消費者金融を特集

MENU

最初は借りやすいカードローンがベスト!

カードローンを申し込んだ時に行われる審査は、基本的には

  • 個人信用情報機関にある個人データの参照と、
  • カードローン会社の社内規定

によって判断されます。カードローンって申し込むと信用情報に登録されるので、例えば比較的審査が厳しいオリックス銀行とかで落とされてるなぁ〜じゃあうちも落とそうって感じになる場合があります。

 

だから、できるだけお金を借りやすいカードローンに申し込むのがベストです。
審査に落ちた履歴を残さないってことですね。

 

審査は昔ほど会社によって差はなくなっては来ましたが、やはり借りやすい所と借りにくい所っていうのは存在します。狙い目なのは今予算を大量に使って顧客を集めている所、あとは若干マイナーな銀行カードローンです。予算を大量に使っている所といえば、CMでもよく見る三菱東京UFJ銀行カードローン何かはいいですね。

 

また審査で大きな差が出るのは、融資する金額の大小で、たくさんのお金を借りようとすると当然審査が厳しく、少ない範囲で良しとすれば比較的通りやすくなります。

 

ここ結構ポイントになります

つまり30万借りたいなぁ〜と思っている場合でもあえて25万とか少し少なめに申し込みするというのも一つのワザになります。増額は後からできたりもするので。

 

また、何社も何社も借り入れがあると通りにくくなりますし、給料のように定期的に決まった収入がない場合には通りにくくなります。持っているお金の大小よりも、定期収入のほうに主眼が置かれますので、お金持ちの芸能人よりサラリーマンのほうが審査に通りやすいという例が良く言われます。

 

今までにカードローンを使ったことが無くて、就職を期に申し込むというような人なら、審査にも通りやすそうですね。一度審査が通ってカードが発行されれば、基本的にはいつでも好きな時にコンビニのATMなどからお金を借りられるようになりますが、

 

最初は出来れば余裕を持って申し込むようにしましょう。
お金を借りやすいカードローンは以下で紹介しています。


お金を借りやすいカードローンはどこ?

実は今一番借りやすいのは銀行カードローンなんです。昔の場合は消費者金融系の方が借りやすかったですが、総量規制という年収の3分の1までしか借りれない・・・という法律ができたことで借りれない事例が多くなっています。

 

しかし銀行カードローンはこの総量規制の対象外で年収制限がありません。さらに収入証明書類も100万未満であれば大体どこの会社も不要になっていて手続き面での借りやすさでも有利です。

 

三菱東京UFJ銀行は主婦・専業主婦・アルバイト・自営の方などにも対応しているので特にオススメとなっています。専業主婦は無収入ですよね?その専業主婦でも融資してくれている姿勢がある会社は中々ないですよ。

銀行カードローンならココが借りやすい!

限度額

年率

収入証明書

三菱東京UFJ銀行カードローン
1万〜500万
主婦:30万以内
4.6〜14.6% 100万未満不要
じぶん銀行カードローン
1万〜500万
主婦:30万以内
3.9%〜17.5% 300万未満不要
ジャパンネット銀行
1万〜1,000万
主婦:審査による
2.5〜18.0% 200万未満不要

キャッシング会社ならココが借りやすい!

限度額

年率

収入証明書

アコム
1万〜500万 4.7〜18.0% 50万未満不要
アイフル
1000円〜500万 4.5〜18.0% 50万未満不要
プロミス
1万〜500万 4.5〜17.8% 50万未満不要

カードローンの審査基準ってどうなってる?

カードローンの審査基準は、一般に公開されていません。
その金融会社がどのような基準で審査しているのか、実際に申し込みを行わなければ分からないようになっています。

 

安定した収入があり、20歳以上であるならば誰もが利用することができるカードローンですが、その人の属性や環境によって大きく審査基準が異なってくるのです。

 

【学生・アルバイト・専業主婦の場合】

学生やアルバイトといった収入が少ない方がカードローンを利用する場合、限度額が低く設定されています。審査基準では、収入に見合う借入れ額であるかどうかという点もチェックされます。

 

もし収入に追いつくことができない借入れ額であるならば審査に通ることは出来ませんし、借入れ額を少し低めに設定される可能性もあるでしょう。収入が少ない方や無収入の方が申込みをするなら年収制限のない銀行カードローンを選ぶ必要があります。

 

【信用情報は大事】

どこの金融会社の審査基準に必ず入る「信用情報」は、自分の過去の金融商品利用履歴や現在の履歴などが含まれている情報となっています。

 

金融会社は登録している信用情報機関で、個人の信用情報を得ることができます。もし、自分の信用情報に不安な気持ちがある場合は、個人の申請でも自分の信用情報のみ見ることができるので、1度確認してみると良いでしょう。

 

ただし、ブラックリストに記載されるようなトラブルを起こした場合は、審査基準としてみられず、どこの金融会社のカードローンも利用することはできないでしょう。お金を借りることは必ず返済しなければならないという事であり、返済が滞ればブラックリストに載り、今後の金融関係の商品を利用することができなくなってしまうので注意していきたいところです。


カードローンの申し込みに必要なものって何?

カードローンに申し込みをする時、必要な書類を提示しなければなりません。写メで送ったり、アップロードにも最近は対応しています。

 

必要なものとは、「本人証明書」「収入証明書」、学生の方は「学生証」、外国人の方は「在留カードor特別永住者証明書」、収入がない専業主婦の方は「配偶者の収入証明書」となります。

 

あなたの状況や借入額によって必要なものが違ってくるので、しっかり確認しておきましょう。

 

本人証明書

保険証やパスポート、免許書といった本人が確認できる証明書は必ずどこでも必要となります。
金融会社は、借りる人がどのような人なのか確認しなければいけません。

 

特に保険証は、あなたがどのような人物なのか、1番分かりやすい証明書となっています。

 

自分の顔がついている免許証やパスポートと一緒に提示すると、より金融会社の信用を得ることができるでしょう。カードローンを利用する前に、これらの本人証明書のコピーと準備しておくことをお勧めします。

 

学生の方でカードローンを利用する場合は、学生証の提示が絶対です。

 

収入証明書

キャッシング会社の場合は借入額が50万円以上で必ずこの収入証明書が必要となります。

 

銀行カードローンの場合には、収入証明書が必要な借入額は100万円以上というところもあり、金額設定はバラバラです。ただ少額の借入の場合は不要なので、基本的には本人確認書類だけでOKです。

 

収入証明書は、あなたが安定した収入があるのかどうか、借入額に見合った収入額であるかどうかという返済能力の有無を見られる材料です。審査に通るか通らないかの大事な書類でもあります。

 

源泉微収票、税額通知書、所得証明書、給与明細書といった種類があります。
収入がない専業主婦の方は、配偶者の収入証明書が必要になる場合もあります。


カードローンの申し込みブラックとは・・・

カードローンの審査を受けるにあたって、複数の会社から借り入れをしているわけでもないのに、ことごとく審査に落ちてしまう人がたまにいます。これは、一度に何箇所も同時期に申し込んだ場合に起こる「申し込みブラック」と呼ばれるものです。

 

カードローンの申し込みをすると、個人信用情報というデータベースに記録が残ります。
これは、審査を受けようと申し込んだ時点で記載されるのです。

 

だから、「審査に落ちたら困るから、すべり止めに何社か申し込んでおこう」などという行動に出ると、それが原因ですべてに落とされる可能性があります。カードローンの申し込みをするのは、検討した上で1社か2社に絞りこむこと、これは徹底してください。

 

お金を貸すほうにしてみれば、まったく知らない人にお金を貸すのですから、まずはその人がどんな人なのかを細かく調べる段階です。そこで、いきなり何社も借金の申し込みをしまくっている人だとわかったら、どう思うでしょうか。

 

突然大変な金銭トラブルを抱えてしまって、非常にお金に困った人のように見えますよね?
そんなにっちもさっちもいかないような状況の人にお金を貸したら、まず返してくれなそうです。

 

そんな勘違いを起こさせてしまったら、通る審査も通らなくなります。
同日でなくても、1週間のうちに2社も3社も申し込んでいるのだとしたら同じことです。

 

申し込んでいるブラックになると、少なくとも半月や1ヶ月は何もしないで待つしかなくなります。
余計な間違いを起こさないためにも、申し込みから丁寧に考えてくださいね。